最近のコメント

表示できるコメントはありません。

責任を持って良い商品を売るつもりがあるなら特商法を知ってほしい

   2022/02/25

ネットショップでお気に入りの洋服を手に入れたいけれど代金の支払時期がどこにも書いてないと購入が無理と客は思ってしまいます。
だから、特商法に基づく表記に洋服を買うためにいくら必要になるのかを書くことが必須になります。靴は通販サイトでよく売れるアイテムですが、シューズの代金を支払うための方法をきちんと載せているサイトにすることで客の購買欲は増すでしょう。

どんなに好きなメーカーのズボンでも商品の引渡時期が分からないと買う気にはならないのが普通です。
そのため、おしゃれなズボンをいつまでに客の元へ送れるのかを明示するといいです。家で試着をしたけれどサイズが合わなかった場合に返品が可能なのかを知りたがる人がいるのは当然です。

もし返品をできるケースについて書き忘れていると特商法に適したビジネスとは言えなくなってしまいます。
返品をできないのはどんな場合かを客に伝えているショップは特商法を守っているとはっきり断言できます。
問題が起きるショップはいろいろなことを想定していなかったり特商法に基づく表記が間違っていることがほとんどです。

ネット通販に関する大事な事項が多く説明されている特商法は、スマホやゲーム機などを出品して稼ぎたいのなら誰もが守って当たり前のものと考えて間違いありません。
通販で稼ごうと考えている事業者は多くいるので競争に勝つ気持ちがいります。

氏名が正しくないだけで評判がすぐに落ちてしまうから用心をして特商法に基づく表記があるページを作ってください。
通販をしている業者の名称が、はっきりとした場所にあるサイトで売ることが、多くの売り上げに繋がるのは本当です。
事業者の住所が本当はどこにも無いことが判明してしまうと、特商法に基づく表記に書いてある他の部分もあやしいと思われてしまうから実際に地図上にある場所の住所が必要と考えておきましょう。

特に大事なのは客が事業者と連絡をしたいときに欠かせない電話番号です。
もちろんメールで問い合わせができる仕組みにしておくのも悪くないのですが、代表者にかけることができる電話番号も知らせた方が誠実な印象を客が感じます。

携帯ではなく固定電話がある特商法に基づく表記ならさらに信用度が上がります。自信を持ってネット通販ビジネスをしている責任者なら後ろめたいことは一切ないから、氏名を特商法に基づく表記でオープンにすることに抵抗はまったくないでしょうし、評判を過剰に意識しなくても大丈夫です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket